Home    
派遣法改正案が衆議院通過!【3年制限・事実上撤廃に!?】
Filed under 派遣.

ニュースを見ていたら、以前から改正される改正されると言われていながら先送りになっていた、
派遣法改正案が衆議院を通過したとのニュースが話題になっていた!

このニュースによると、衆議院厚生労働委員会は6月19日に安倍晋三首相が出席して、「派遣の道を選ぶ人には待遇改善、正社員を希望する人には正社員の道を開く法案だ」と、制度改正の意義を強調したのがこの法案だ。

派遣会議

で、その中身はというと、現行の労働者派遣法は、同じ企業の同じ職場で派遣労働者を受け入れることができる期間を原則1年、最長3年(通訳など専門26業務は無期限)と定めていて、これに対して改正案は専門26業務を廃止し、派遣期間の上限を一律に3年に設定するという内容。

そして現在は3年を超えると同じ仕事で派遣労働者を使えないところを、改正案では労働組合などの意見を聞いて人を入れ替えれば、使い続けることが可能になるという内容で、同じ派遣労働者でも、事業所内で働く場所を替えれば更に3年働けるというのが今回の改正案の中身だ。

そして届け出制と許可制に分かれている派遣制度を許可制に一本化するということで、現在、届け出制となっている「特定派遣」は事実上廃業に追い込まれるのではないのかな?と思う。

これで改正案が通った場合、派遣は一律3年が上限となるので、これまで派遣期間に制限のなかった通訳や秘書などの専門26業務(通称26業種)は、事実上3年で雇い止めになってしまう。

つまりそれが法律で決まってしまうのだ!!

これによって、派遣で働いている人たちは3年後には仕事を失うのではないか!?

と怯えているので、届け出制の特定派遣会社や、そこで働く派遣社員、そして専門26業務で働いている派遣社員の人たちは、この法案が通るか通らないかに注目している。