Home    
警察になりたいのに!
Filed under ニュース.

     警察

     

ある女性がドイツのベルリン警察への応募を受けた
ところが、警察は彼女がインプラントの豊胸手術を受けている事を理由に、「保護ベストや暴徒鎮圧用ギアが装着出来なくなるから」と女性の採用を断ってしまった。

保護ベストやギア類は胸に強い圧力を与えるので、インプラントを介して装着すると、健康被害を及ぼすかもしれないというのがその理由らしい。

しかし、そんな理由に納得いかない彼女は、ベルリン警察を相手に裁判を起こしてしまった。
そして月日は流れ、ついにベルリンの法廷で彼女の訴えが認められました!!

インプラントのあるなしに関わらず、保護ベストの類が女性の胸に健康被害を引き起こす事は考えられないという結論になった!!
勝訴です!!

これで彼女は晴れて警察官への道を進む事が出来るので、筆記テストとかで落ちなければ警察官になれるかもしれません!

最近は様々な理由で内定を取り消してトラブルになる事件も日本でも起きているので、今後もこういう内定取り消しとか、差別問題で揉める事は考えられるけど、豊胸が問題になるって珍しいですよね?

普通豊胸を仮にしていても、採用の際に話す事ってあるのかな?
話さなくてもいいんじゃないかな??
そもそも何で話したかが気になります…でも、男だからこういう悩みはないかもしれないかな!?